そしておめでとう

そしておめでとう

もうすぐ卒園する
次男へのギフトに

瀬戸口清文さんが文を、

えがしらみちこさんが絵を

それぞれ担当された

「そしておめでとう」

を選ばせていただいた。

3月まで待ちきれなくて
届いたものを
そのまま渡しちゃった。
自分の名前を見つけて
嬉しそうだったな。

最後の1年は
登園できること
それ自体の
ありがたみを実感した。

お泊まり保育も
参観日も
できなかったけれど

感謝の気持ちで
満たされる本。

コメントを残す

CAPTCHA